かねよ

みんな大好き!とろっとろ親子丼“お先に頂きました”

今回は久しぶりにあったら便利つゆで「親子丼」を作ってみました。

あったら便利つゆで作る「親子丼」
麦味噌やまぶきで作る「貝汁」
母ゆずり濃口で作る「里芋の煮っころがし」
あったら便利な酢で食べる「サラダ」

まずは親子丼の準備。


今回は17人分の親子丼を作るので、材料も大量。鶏もも肉を6枚、玉ねぎ4個、あったら便利つゆは、なんと500mlを3本、全部で1.5L使って作りました。

鶏もも肉を一口大に、玉ねぎは千切りにして、あったら便利つゆを入れた大きなフライパンで、いったんひと煮立ちさせます。

火が通るのを待つ間に、親子丼に使った鶏肉の皮がもったいなかったので、急きょ「鶏皮ぽんず」を作ろうということに。鶏皮をカリカリに焼いて、かねよ特製の「生果汁ぽん酢」をかけて、七味を振って、1品完成。

続いて貝汁の準備。あさりからダシが出るので、今回はダシは取らずにあさりを入れて、「麦味噌やまぶき」を溶いて、ネギを散らしてシンプルに。これで2品完成。

お次は、「里芋の煮っころがし」。


いつもは麦味噌やまぶきで味つけをして、味噌味に仕上げるのですが、今回は母ゆずり濃口とみりん、砂糖で味付けをして作りました。


だし汁に里芋を入れ、軽く茹でた後に、調味料を加えじっくりじっくり転がしながら煮込んで、3品目完成。


そうこうしていると、親子丼に具材に火が通ったので、大仕事。親子丼用の鍋に一人分ずつ先ほどの具材とつゆを入れ、溶き卵を入れて、作っていきます。
スタッフ広浜が3つの手鍋を駆使して、次から次へと具材を入れ、手早くついでいきました。

その間、サラダを盛り付けたり、皿を並べたり、みそ汁をついだり、準備万端。

今回は少しバタバタでちょっと遅めの12時30分。
ようやくみんなそろっていただきます。

親子丼は便利つゆだけで本当に簡単に、味がしっかり決まって、濃すぎず、とろとろ卵にぴったりでした。

母ゆずり濃口で作る里芋の煮っころがしも美味しいね。」「鶏皮ぽん酢も最高!ビールが欲しくなるね」などわいわい会話も弾み、今回もとってもにぎやかな食卓になりました。

 

 

みなさんも、ぜひ「あったら便利つゆ」で作る「親子丼」お試しください!レシピはこちらでご紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

●月1 スタッフお料理会 お先にいただきました♪ これまでの記事はこちら。