「初盆法要」のお返しマナー

■お礼・お返しのタイミング
 施主は初盆法要の当日、引出物を用意します。引出物には、おもてなしの土産というほかに参列者が持参する香典に対するお返しの意味もあります。

■のしの種類・マナー
 のし紙の水引は「黒白結び切り」が一番使われ、
のしの表書きは「志」「粗供養」と書くのが一般的です。表書きの下には施主や差出人の「苗字のみ」を記します。

■金額的には?
 金額的な決まりは特にないようですが、不祝儀でよく使うお茶や、消耗品、日用品などが多いようです。


初盆法要のお返しでよくご注文頂いています。


送料についてはこちら≫