「忌明け法要」のお返しマナー

■お礼・お返しのタイミング
 四十九日法要の当日に手土産として、もしくは翌日、自宅にお届けするように手配します。

■のしの種類・マナー
 のし紙の水引は「黒白結び切り」が一番使われ、のしの表書きは「志」「忌明志(きめいし)」と書くのが一般的です。表書きの下には施主や差出人の「苗字のみ」を記します。

■金額的には?
 金額的には特に決まりはないようですが、忌明け法要当日にお持ち帰り頂く物ですので、かさばらないお品物がおすすめです。


忌明け法要のお返しでよくご注文頂いています。


送料についてはこちら≫