「年忌法要」のお返しマナー

■お礼・お返しのタイミング
 施主は法要の当日、引出物を用意します。引出物は、参列者全員に用意します。
引き出物には、おもてなしの土産というほかに参列者が持参する香典に対するお返しの意味もあります。

■のしの種類・マナー
 のしの水引きは、蓮入り結切か蓮なし結切もしくは黄白ののしを用意します。
引出物ののしの表書きは、「法要名」(一周忌・三回忌)や「粗供養」「志」などが一般的です。下段には施主名や「○○家」という喪家の姓を記します。

■金額的には?
 金額は、2,000円~5,000円程度が一般的です。
品物は、いくらあっても困らない消耗品などの実用品が好評です。


年忌法要でよくご注文頂いています。


送料についてはこちら≫