4月22日(土)春の親子クッキング教室を開催しました。

今回は、インフルエンザ等で欠席者もあり、男の子1人と女の子2人とその保護者3名の合計3組での開催となりました。

 この日のメニューは次の4品。
①たけのこご飯
②さばのみそ煮
③あおさのお吸物
④みたらしだんご

この日の一番人気だったメニューは
「さばのみそ煮」

今回は“塩さば”を使って作りました。
お母さん達も今まで生のサバで作っている方がほとんどで、手に入りやすい塩サバで作るのは、とても新鮮だったようです。

子供たちは初めての作業「魚の骨ぬき」も、骨抜きを使って一生懸命とっていて、難しいながらもお母さんと楽しく作っていました。

「さばのみそ煮がとても美味しく出来て楽しかった!」と答えてくれた今回6回目の参加となった6年生の女の子。
「今まで料理教室で作ったメニューは家でも良く作ります。」と、お母さんからもうれしいお声を頂きました。

DSC_6967(名無)

続いて「あおさのりのお吸物」
家ではあまり作る機会がないそうで、この「あおさのお吸物が一番美味しかった」と答えてくれた
2年生の女の子は、「自分で作ったからすごく美味しかった!」という言葉通り、きれいに残さず完食していました。

そして、「たけのこご飯」が一番美味しかったと答えてくれた5年生の男の子。
筍と油あげを黙々と切っていて、お母さんと一緒に作った“たけのこご飯”を笑顔で本当においしそうに食べて、おかわりもしてくれました。私たちも本当にうれしかったです。

DSC_6941(名無)

最後に「みたらしだんご」
だんごの粉がまとまるまで「大丈夫かなぁ」と心配そうにしていましたが、
きれいにまとまると、好きな大きさで丸を作っていました。

今回はお豆腐を入れてやわらかくできあがったので、お母さん達も「豆腐を入れて作れるんですね。また家でも作りたいです。」と、子どもさんだけでなくお母さんにも、うれしいお声を頂きました。

DSC_6943(名無)

今回参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました。