かねよ

2016年3月6日(日) 荒田八幡宮 初午祭

ふるまい かごしま豚汁 

3月6日 鹿児島市の荒田八幡神社で開催された「初午祭(はつうまさい)で、ふるまい豚汁に参加しました。

ここ荒田八幡神社は霧島市にある鹿児島神宮の分社と言われ、毎年、鹿児島神宮の初午祭の1週間後に同じ飾り馬がこの荒田八幡神社に巡回します。

鳥居を抜けると、すぐ左手に大楠、その奥に社殿があり、厳かな雰囲気の境内です。

朝7時10分に会社を出発し、7時50分到着しました。まず社務所と、他のテントの皆様にご挨拶。

「今年もよろしくね」「後で豚汁食べさせてね。」
と、うれしいお言葉も頂きました。

今回は、前日にテントや鍋の設置を終えており、到着してすぐに大なべに火を入れることができました。

火をつけたら一安心。野菜が煮えるのを待ちます。

その間にノボリを立てたり、横断幕を張ったり、器を準備したりと準備を進めていきます。

準備を進めている向かい側では、御神馬のポニーが1頭。まだ飾りをつけるのに慣れていない様子で、少し嫌がりながらも鈴や花飾りをつけておめかしです。

今年は、鹿児島市内を1万2千人の人が駆け抜ける第1回の「鹿児島マラソン」が同じ日に開催され、ここ荒田八幡神社が給水所になっていました。

沿道で応援をしていた人が、ちらほらとテントの様子を見に来られます。

「豚汁振舞いを行います。もう少しお待ちください。」とお願いして、急いで準備を進めていきます。

そして、みんなで試食をすませ、10時からのふるまいを予定しておりましたが、少し時間を早めて9時40分、ふるまいスタート!!

ここ荒田は、もともとカネヨの工場があった地元だけあって、いつもはお客さんも普段からカネヨの商品を使ってくださっている人がたくさん来てくださいます。

ですが、今年は鹿児島マラソン大会の影響で、お客さんの顔ぶれがちょっと違います。

沿道で応援をしていた人、ボランティアの人などが集まり、気づくと長蛇の列ができています。

「初めて食べた!おいしい!」
「あったまりますね~」
「毎年食べに来てるよ~」などお話しをしながら、沢山の方に食べて頂きました。

そして11時前には、あっという間に500人分の振るまいが終了。

「また来年もよろしくお願いします。」
と宮司さんや他のテントの方にご挨拶をすませ、荒田八幡を後にしたのでした。