⑪「帰省のお土産」のマナー

■お礼・お返しのタイミング
 お土産は贈る側も受け取る側も千差万別で「正解」がないから難しいものですが、品物は訪問日の数日前から準備しておきましょう。
 当日買うのは失敗のもと。“わざわざ感”がないので、相手の印象に残らないパターンが多いようです。また、突然予定外の親戚が来る場合もありますので、余分におみやげを準備しておくと安心です。

■のしの種類・マナー
 帰省の際のお土産には、基本的に熨斗はいりませんが、気になる場合は紅白の無地のしをかけます。

■金額的には?
 1,000円~3,000円以内の物が多いようですが、お菓子や食品など「食べたら消えてしまうもの」賞味期限の長いものが喜ばれています。


帰省のお土産でよくご注文頂いています。

送料についてはこちら≫