かねよ

みんなで作る大皿料理

 昔、お盆や大晦日など、家族や親戚が集まったときの光景
お母さんたちが台所に集まって、みんなでおしゃべりをしながら、たくさんの人数分の料理を楽しく作っていました。

 

 アツアツの煮物、大きな卵焼き、山盛りのきんぴらゴボウに、じっくり煮込んだおいしそうなヒジキ。
 そうそう、大根や人参などの野菜がたっぷり入ってよく味の染みた煮しめも、お鍋一杯に作ったりしたものです。

 

 旦那の悪口や子供の話、姑への愚痴や最近始めた散歩の事など、包丁の手を休めることもなく、ワイワイ言いながら、そして時々大笑いをしながら、台所をおいしそうな匂いで一杯にしていったのです。

 

 時々は男どもが「うまそうだな〜」とのぞきに来たり、子供たちがその回りを走りながら、箸を置いたり茶碗の準備をしながら今か今かと待っている。そんな風景がよくありました。

 

 そうして大きなテーブルにのせられた大きな皿に一杯につがれた、湯気の立ったおいしそうな田舎料理の数々。

 

 それらを囲うようにして、大人や子供が肩を寄せ合いながら席に着いて「いただきま〜す」を言って一斉に大皿料理に箸を伸ばす。

 

 こんな光景の再現が少しでもできたら・・・

 

 そんな思いで、南国鹿児島の海と桜島がきれいに見える事務所で、月に1回、お昼時間にみんなで大皿料理を作って、ワイワイ言いながら食べる。

 

 それが「お先に、いただきました」の始まりでした。