毎日、たくさんのお客様とお話ししています。

毎日、たくさんのお客様とお話ししています。

お客様との会話より

お歳暮は12月20日頃までに贈るのが一般的です。

今週はお歳暮のご注文をたくさんいただきました。

あらためてですが、お歳暮は、12月20日ごろまでにお贈りするのが一般的です。

いつもの味噌・醤油や「鹿児島の黒豚料理」をお歳暮としてお贈りする際は、
12月15日までにご注文頂くと、12月20日頃にお届けできます。

これからご注文予定の方は、ぜひお早めにご連絡下さい。

もちろん、のし・包装は無料でご用意しております。

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://kaneyo-soy.com/area/gift/keiji/

12月3日(土)冬の親子クッキング教室を開催しました。

今回は、男の子2人と女の子2人とその保護者4名の合計4組が参加してくれました。

この日のメニューは次の3品。
①とろっとろの親子丼
②二色なます
③豆腐とわかめのお味噌汁

今回の一番人気メニューは「とろっとろの親子丼」

味付けは「あったら便利つゆ」だけ。

いつもお家で作る感じと違って「これだけで味がしっかりついて、まさに便利つゆですね!」というお母さんの声もありました。

「とろっとろの親子丼」を作るポイント「玉子は混ぜすぎないで、お箸で切るように混ぜてくださいね。」と事前に話をしていましたが、子供たちはついついかき混ぜすぎてしまい、ちょっと固めの親子丼に仕上がっていました。

でもやっぱり自分たちで作った親子丼は格別なようで、みなさんきれいに完食していました。

 

続いて「二色なます」

こちらはお母さん達にはとても好評で、「お正月に作ります」ととても満足そうでした。でも子供たちは酢の物や苦手が苦手な子が多く、「自分で作ったから」と食べていた子もいれば、少しつまんで酸っぱそうな顔をして、やっぱり食べられなかった子もいるなど、様々でした。

今回の参加が3回目という子は、今回はお父さんと一緒に初めて参加してくれたのですが、

「娘が家でもすすんでお手伝いをして料理を作ってくれるようになりました。自分で作るとやっぱりおいしいのか、今まで食べなかったものも食べるようになりました。」と話てくださり、私たちも本当にうれしかったです。

dsc_0083

最後に「豆腐とわかめのお味噌汁」

こちらは、いりこでだしを取るところから作りました。
普段は顆粒ダシだけで、味噌汁を作るご家庭が多く
「きちんとだしをとると、お味噌汁もまた一味違っておいしいですね。」とお母さんにも好評。

子供たちもダシでとって味噌汁にそのまま入れたイリコまでちゃんと食べてくれました。

そして、「またお味噌汁飲みたい!」と、中にはお味噌汁を3杯もおかわりしてくれる子がいて微笑ましたかったです。

今回特に印象的だったのが、初めて参加した2年生の男の子とお母さん。
男の子のお母さんが「普段料理をさせる事がなかなかないので、今日は初めて包丁を握らせるので、ドキドキです。」と話されていましたが、最後には「楽しくできました。普段は食べない方なのですが、今日は沢山食べてくれました」と、喜んでいただき、本当にうれしかったです。

dsc_0104

今回、参加して頂いた方の感想
・初めての料理教室でしたが、安心して見守りながらできて、とてもよかったです。
・毎回、親子で楽しく参加しています。
・とても美味しくできました。
・自分で作ると、子供がたくさん食べてくれるのでうれしいです。

今回、参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

dsc_0088dsc_0091

 

 

11月にお客様から頂きましたお声をUPしました。

今月もお手紙やお葉書、お電話でたくさんのお声を頂きました。

頂いたお便りのほんの一部ですが、ご紹介しています。

お手紙はこちらから
↓↓↓
http://kaneyo-soy.com/review/category/cat11

また、本場、南国かごしまの黒豚料理をお楽しみ頂いた会員様からのお声をご紹介させて頂きます。お歳暮にも喜ばれていますので、ぜひ参考にしてください。

黒豚ちゃんこ味噌鍋セットはこちら ↓↓
http://kaneyo-soy.com/review/category/cat16

黒豚しゃぶしゃぶセットはこちら ↓↓
http://kaneyo-soy.com/review/category/cat15

本当にありがとうございました。

引き続き皆様からのお声をお待ちしております!

11月26日(土)秋の親子クッキング教室を開催しました。

今回は初めての参加4組、2回目以降の参加が4組という
男の子3人、女の子5人の合計8組の方が参加してくれました。

この日のメニューは次の3品。
①豚バラミルフィーユ鍋
②豚味噌おにぎり
③だし巻き玉子

今回特に好評だったメニューが「豚バラミルフィーユ鍋」

テレビCMでおなじみの冬の定番メニューですが、初めて作る方が多かったです。

豚肉と白菜を交互に重ねて、お母さんに手伝ってもらいながら、みなさん、一生懸命同じ大きさに切って、きれいにお鍋に詰めていました。

味付けはシンプルに「母ゆずり淡口」だけ。

「美味しかった~お父さんにも食べさせたいです」という小学校1年生の男の子や
「いつも白菜を食べてくれないのですが、今日はよく食べてくれます。」という、
お母さんの喜びの声もあり、「家でまた作ります」という声をたくさん頂きました。

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_0071

 

次に鹿児島の郷土料理「豚味噌おにぎり」
豚味噌は郷土料理ですが、意外と食べたことのない親子もいて、みなさん作るのは初めてということでした。
材料は豚肉と山吹味噌と砂糖だけ。

皆さん「難しい」というイメージがあったようですが、実際に作ってみると
「材料も少ないし、作り方も簡単だったので、家でまた作れそうです。」という声が多く聞かれました。

子供たちも「豚味噌おにぎりおいしかった~!今度は家で作ります!」と言って、残りの豚味噌を容器に入れて「お父さんにお土産!」と言って、笑顔で帰っていました。

dsc_0022

最後に「だし巻卵」

特に低学年の女の子が、卵焼き器があたたまるのをじ~っと待って、
ゆっくり丁寧に焼いていたのがとても微笑ましかったです。

そして、みなさん、とてもきれいな卵焼きができていました。

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcdsc_0037

今回は、低学年の参加が多く、恥ずかしがり屋の女の子が多かったです。
ただ、クッキング教室を楽しみにしてくれていたようで、どの子も真剣な様子で料理を
作っていました。

また、お母さん同士も仲良くうちとけて楽しそうに料理をしていて、
次回も参加したいという親子も多く、私達もうれしかったです。

 今回、参加して頂いた方の感想
・子供にもできる内容で、とても楽しくでき、家でも作れそう良かった。
・とてもおいしかったです。
・豚味噌は買わないと食べれないと思っていたので、感動でした。
・またお父さんにつくってあげたいです。  など

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

dsc_0026

dsc_0039

 

 

煮物にはどっちの醤油?

数年前のお正月、母と叔母と祖母が集まった時に、煮物を前に「やっぱりお祖母ちゃんの煮物が一番美味しいよね~。」と全員で顔を見合わせたことがあります。

先日、関東のお客様から「濃口と淡口」の両方をご注文いただいた際に、
「レシピにあった煮物を淡口で作ったんだけど、こっちの煮物は昔から色も味も濃く作るから物足りなくて。濃口で作ってみたら美味しかった!」というお声を頂きました。

我が家ではもっぱら淡口で煮物を作り、仕上げに濃口を使っています。

“煮物”は「各家庭で受け継がれていく味」が特に出る料理ですよね。

お電話ありがとうございました。

 

(女性スタッフ)

「お届け先に直接、商品を贈ることはできますか?」とお問い合わせ頂きました。

11月に入って、お歳暮のご注文をたくさんいただくようになりました。

「お届け先に直接、味噌や醤油を贈ることはできますか?」と
お問い合わせ頂きました。

お届け先様に蔵元から直接、味噌や醤油をお贈りできます。
請求書は、ご依頼主様へ郵送いたしますので、
お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせありがとうございます。17

味噌・醤油の詰め合わせができますか?とお問い合わせ頂きました。

「セット以外に好きなお味噌とお醤油を詰め合せをして、ギフトにできますか?」
とお問い合わせ頂きました。

もちろん、お好みの味噌や醤油などを詰合せて詰合せ
お歳暮や贈り物にできます。

また、予算や箱の入り具合に応じて詰め合せできますので、
どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせありがとうございました。

「お歳暮を贈るにはまだ早いかしら?」とお電話を頂きました。

11月に入った頃から、早速、お歳暮のご連絡をいただいております。

そして、事務所でも「お歳暮」のギフトの準備が増えてきました。

中には、11月にご予約を頂いて、お品物は12月に入ってからお贈りする方も
たくさんいらっしゃいますので、どうぞ、お早目にご連絡ください。

「冬のギフト」を贈る時期や、おすすめのギフト詰め合せのご紹介もしています。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://kaneyo-soy.com/area/gift/keiji/

 

めんつゆありますか?

朝晩すっかり肌寒くなってきた11月。この時期に時々ご質問頂くお声。

「めんつゆって注文できますか?」「まだめんつゆありますか?」

確かに夏場には店頭でもたくさん見ますが、9月頃からあまり見かけなくなりますよね。

一年中、めんつゆをお送りできます。

お問い合わせ、ありがとうございます。

 

我が家の味噌汁

味噌汁の好きな娘は、食事の準備をする時に味噌汁を作りたがるのですが、鍋いっぱいに作ってしまうので、夏は食べきれずに捨ててしまう事がよくありました。

そこで私が、鍋に作らずに「お椀に豆腐とわかめを入れて味噌を溶いて」食卓に出してみると・・・
「やっぱり、美味しくない。」と不評。

11月に入り、だいぶ肌寒くなってきたので、早速味噌汁を作り始めた娘。
あまり味噌汁を食べなかった息子も、この頃は毎食のように食べています。

娘曰く
「やっぱり、大きな鍋でみんなの分を作って食べたほうが美味しいね。」とのこと。

当たり前ですが、ちょっと一手間は大事ですね。

(女性スタッフ)

%e8%b1%86%e8%85%90%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%81%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81