毎日、たくさんのお客様とお話ししています。

毎日、たくさんのお客様とお話ししています。

お客様との会話より

2017春蔵出し(’16秋仕込み)いよいよ先行予約 開始です!

2017春蔵出し「特別熟成 鹿児島黒みそ」の蔵出しまで、あと50日余り。

いよいよ“先行予約”開始の運びとなりました。

前回に引き続き、今回も2種類のお味噌を仕込んでいます。

 「麹の量と熟成期間を変えることで、麦味噌の味がどれくらい変わるのか?」

これをテーマに、“麹歩合(こうじぶあい)”と“熟成期間”を変えて、10月28日に仕込みを終え、
2月13日現在で熟成104日が経過したところです。

最終的に、この2つの“黒みそ”のうち、より美味しく仕上がった味噌を皆様にお分けしたいと考えています。

さて、今回の仕込みの概要は次のとおりです。

 

1つ目は、麹量少なめの“麹歩合12歩”。(※通常は麹歩合20歩) 

これにより「大豆の旨味が引き立ち、麦の甘みも味わえる麦味噌」を目指しました。
前回60日間かけて温かい部屋でじっくり熟成させましたが、今回は一気に7日間
熟成させた後は、蔵出しまで冷たい蔵の中で、じっくりと寝かせているところです。

2つ目は、麹量多めの“麹歩合25歩”。(※通常は麹歩合20歩)

こちらは麹量を多くすることで「麦の甘みをしっかりと味わえる麦味噌に仕上げる」ことを目指しました。
こちらも前回は28日間温かい部屋で熟成させましたが、今回は半分の14日間
熟成させた後、現在は蔵出しまで冷たい蔵の中で、じっくりと寝かせているところです。

前回は「麦の甘みを引き出す」ために、最初に温かい蔵に長めに入れてみました。
しかし、これが予想以上に熟成の進むスピードが速かったため、今回はその点を踏まえ、温かい蔵での熟成期間をそれぞれ短くして、その分冷たい蔵の中でじっくり熟成させてみました。

そして、熟成95日目の2月4日に、少しだけ蔵から出してもらい、味見をしてみました。

さて、そのお味は・・・。

まずは、1つ目の麹量が少なめの“麹(こうじ)歩合(ぶあい)12歩”で仕込んだ黒みそ。

麦麹の量が少ない分、麦の甘さよりも大豆のコクがしっかりと出ていました。“えぐみ”や塩味などはなく、とてもさっぱりとした印象でした。

そして、2つ目の麹量が多めの“麹こうじ歩合ぶあい25歩”で仕込んだ黒みそ。

こちらは、麦麹の量が多い分、“麦の甘み”がしっかりと出ていました。そして、程よい塩味がきいていて、とても濃厚な味わいでした。

どちらも見た目には、同じような山吹色で、麦と大豆の粒がしっかりと残っており、熟成の進み具合も同じような具合でした。しかし、見た目に違いは分かりませんが、味の方は全く対照的な味噌に仕上がりつつあります。

これから蔵出しまで残り50日余り。
蔵出し直前のぎりぎりまで冷たい蔵の中でじっくりと熟成させていく予定です。

最終的に、この2つの麦味噌がどのように仕上がっていくのか、私たち自身も、本当に楽しみにしているところです。

さて、蔵出しは4月中旬を予定しておりますが、どちらの味噌を皆様にお分けするかは、3月下旬の最後の“利味(ききみ)”で決まります。

また、この時点で池工場長が「どちらの味噌も納得できる味になっていない」と判断した場合、蔵出しを延期、もしくは中止する場合もございますので、この点は予めご了承下さい。

それでは、蔵出しまでもうしばらくお待ちください。

特別熟成 鹿児島黒みそ ・・・ 600円 (税・送料別途) 
●賞味期限:冷蔵で6ヶ月 ●500g巾着袋入り  ●おすすめレシピ(3品)つき

 

2月26日 荒田八幡 初午祭で「豚汁」をふるまいました。

2月26日 鹿児島市の荒田八幡神社で開催された「初午祭(はつうまさい)」に、
「豚汁ふるまい」で参加しました。

荒田八幡神社がある「荒田」は、もともとカネヨの工場があり、今でもすぐ近くに営業所があります。
そのため、「いつも使っているよ」「また食べに来たよ~」と、みなさん温かい声をかけてくださるので、私たちも、毎年参加するのを楽しみにしているお祭りです。

会社に集合して、野菜や肉などを車に積み込み、朝7時30分に会社を出発。
7時50分に神社に到着して、まずは社務所と、他のテントの皆様にご挨拶。

「今年もよろしくお願いします!」「後で豚汁食べにくるね。」
と、早速、うれしいお言葉を頂きました。

今回は、少し大きめの鍋で3つ用意しました。
火をつけて、野菜が煮えるのを待つ間に、ノボリを立てたり、横断幕を張ったりと準備をすすめていきます。

私たちが準備を進めている向かい側では、御神馬のポニーが1頭。
背中に花飾りをつけ、首には鈴をつけておめかしをしていました。

DSC06470

ここ荒田八幡神社は霧島市にある鹿児島神宮の分社と言われ、鹿児島神宮で1週間前の
2月19日に行われた初午祭に出た飾り馬がこの荒田八幡神社に巡回するのです。

そうこうしている内に、野菜や肉が煮え、味噌を溶かして味がなじんだところで、みんなで試食。「うん。美味しくできてる!」と味を見て、周りのテントの方々に配って食べてもらいました。
そして、10時。ふるまいスタート!!

「今年も食べに来たよ~」「やっぱり美味しいね!」
「いつも使っているよ!」「今日は寒いから温まるね」
など、たくさんの方に食べて頂き、うれしいお声をたくさんかけて頂きました。

DSC06502

豚汁をふるまっている間に、先程の御神馬が、三味線や太鼓にあわせて踊っていました。その姿はとても可愛らしく、見ている人も笑顔になっていました。

そして、11時15分。
準備していた300人分の豚汁が終了!

「また来年もよろしくお願いします。」
と宮司さんや他のテントの方にご挨拶をすませ、荒田八幡を後にしたのでした。

当日、食べに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!
また来年もよろしくお願いします。

 

2月21日から24日の4日間、東京の展示会で、私どもの醤油をご紹介させて頂きました。

2月21日から24日までの4日間、東京で行われた、飲食店様向けの展示会で、南国 鹿児島の私どもの醤油をご紹介させて頂きました。

お立ち寄り頂きました皆様、本当にありがとうございました。

お立ち寄り頂きました、飲食店のオーナー様やご担当者様から、いろいろなお話しをさせていただいて、私たち自身も、とても勉強になりました。ありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。

荒田八幡の初午祭に「ふるまい豚汁」で参加します。

2017年3月26日(日)に行われる荒田八幡 初午祭で「ふるまい豚汁」に今年も参加します。

荒田八幡がある場所は、もともとカネヨの工場があった場所で、
今でも営業所があります。

昔から馴染みの方々がいつも食べに来てくださり、
「いつも使っているよ!」「今年も食べに来たよ!」と
うれしいお言葉をたくさんかけてくださいます。

なので、私たちもいつも楽しく参加させていただいています。

今年もたくさんの方に喜んでいただけるように、
おいしい「豚汁」を作ります!

ぜひ、鹿児島にお住いの皆様、食べに来てくださいね。

 

本日で105周年を迎えることができました。

いつも私どもの味噌・醤油をご愛用頂きまして、誠にありがとうございます。

お蔭さまをもちまして、本日、会社創業105周年を迎えることができました。

これもひとえに皆様の日頃からのご愛顧の賜物と心から感謝致しております。
本当にありがとうございます。

これからも変わらぬ味を守り続けて参りますので、末永いお付き合いの程をよろしくお願い申し上げます。

2月11日開催予定の親子クッキング教室は雪のため、延期となりました。

寒い日が続きますね。

こちら南国鹿児島も先週末は雪が積もりました!

2月11日(土)に開催予定の冬の親子クッキング教室ですが、
雪のため、3月4日(土)の開催に変更させて頂きました。

当日の様子は、また改めてご報告させて頂きますので、
楽しみにお待ちください。

大皿料理シリーズ「南国かごしまの台所」3月発送分の予約受付中です。

鹿児島で昔から食べられている懐かしい家庭の味を食卓までお届けします。

この冬のお品書きは次の2品。

かごしまの麦味噌おでん
~「麦生みそ やまぶき」で作った イワシのすり身揚げと根菜のコトコト煮~

かしわの甘辛煮込み
~「母ゆずり濃口」で作った かしわと玉子の甘辛醤油煮込み~

ご予約・詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓
http://kaneyo-soy.com/daidokoro/

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%8a%e3%81%a7%e3%82%9302

なお、「麦味噌おでん」と「かしわの甘辛煮込み」のメニューは、
2月の予約分を持ちまして終了となりますので、
ご予約をご検討の方は、ぜひ、お早目にご連絡ください。

 

1月にお客様から頂きましたお声をUPしました。

今月もお手紙やお葉書、お電話でたくさんのお声を頂きました。

頂いたお便りのほんの一部ですが、ご紹介しています。

お手紙はこちらから
↓↓↓
http://kaneyo-soy.com/review/category/cat11

また、本場、南国かごしまの黒豚料理をお楽しみ頂いた会員様からのお声をご紹介させて頂きます。いよいよ2月までの販売となりますので、これからの方はお急ぎください。

黒豚ちゃんこ味噌鍋セットはこちら ↓↓
http://kaneyo-soy.com/review/category/cat16

黒豚しゃぶしゃぶセットはこちら ↓↓
http://kaneyo-soy.com/review/category/cat15

本当にありがとうございました。

引き続き皆様からのお声をお待ちしております!

寒い日は「あったかうどん」

こちら南国鹿児島も先週から一気に寒くなってきました。
この寒さで「あったかい物が食べたいね~」と、
事務所で「うどん」を作ってみんなで食べました。

簡単なメニューですが、この日作るうどんは12人分。
スタッフ3人で手分けしながら、手際よく準備を進めていきます。

まずは大鍋にお湯を沸かし、2回に分けて12人分のうどんを茹で、
もう一つの大鍋でつゆを作ります。
つゆの味付けは「母ゆずり淡口」と「みりん」これだけ。

2Lの水と「母ゆずり淡口」200㏄、みりん100㏄を鍋に入れて軽く煮たたせ、
後はうどんにかけるだけ。

「なんか食堂みたいだね。」と笑いながら、お椀にうどんを入れ、その上に、かまぼこ、ちくわ、さつまあげ、ネギ、天かすを次々とのせて、最後につゆをかけて完成。DSC06255

「やっぱり寒い日にはあったかい物が美味しいね!」
「母ゆずり淡口のだしが効いてて美味しいね。」
「私はもう少し醤油が濃い方が好きかな」
などと話をしながら、みんなであったまりました。

まだまだ寒い日がつづきますので、
ぜひみなさんもで温まってくださいね。

1月21日(土)菜の花マーチで“さつまのだんご鍋”をふるまいました。

菜の花マーチ開催の前日。
今日は大寒。

工場の人達の手を借りて、鍋に入れる“だんご”を作りました。DSC06312

“だんご”をこねるのは、こね続ける事約30分という、ちょっとした力仕事なので、男性陣を中心にこねてもらい、しばらくねかせた後、今度は少しずつ手でちぎりながらお湯の中に入れ、煮ていきます。

「明日も寒そうだよね。」「天気が良くなるといいね。」などと気になるのは翌日の天気。

そして夕方、強風と雪がちらつく中、参加するスタッフ全員で、持っていく荷物のチェックと積み込みを行い、天気が良くなることを祈りつつ当日に備えます。

 

そうして迎えたふるまい当日。
まだ真っ暗な中、6時15分会社へ集合。

最後の荷物のチェックと野菜や肉を積み込み、会場となる「指宿 フラワーパーク」を目指します。
前日の雪で、天気が心配でしたが、7時18分、会場に着いた頃にはすっかり青空になっていました。

この「菜の花マーチ」での大鍋ふるまいは今回で6回目。

準備も手慣れたもので、旗を立てたり、ふるまい用のテーブルのセッティングをしたりと、それぞれ分担して、手際よく準備を進めていきます。

その中で一番重要な事。それがいかに早くお湯を沸かせるかが勝負です。
大鍋に水と椎茸、人参、白菜などの野菜を入れ、7時56分に点火。
そして、お湯が沸騰してきたところへ、鶏肉20㎏を投入。

仕上げに“だんご”と“母ゆずり淡口”を入れると、「カツオといりこのダシ」の良い香りがテントの中に立ち込めました。

9時36分 いつもより早く完成。
みんなで味見をして、「うん!おいしい!」「あったまるね~」と、味が決まったところで、
周りのテントの方に一足先に配りました。

菜の花ふるまい2017

周りのテントの皆さんも、毎年参加する方がほとんどで、「楽しみにしてました!」「今日は寒いから、温まりますね~」「去年、教えてもらって家でもお鍋作ってます」など、嬉しいお声を沢山頂きました。

そうこうしている内に、参加者の方がぽつりぽつりと帰ってきました。
「お疲れ様でした!どうぞ温まってくださいね」と一人ひとりに手渡しをしていきます。
気づくと長蛇の列が!

DSC06351

「母ゆずり、いつも使ってますよ」「毎年楽しみにしてるよ!」という県内の方や、
「美味し~い!あったまる~」、「味付けはこれだけなの?」という県外の方など。
なんとこの日のために、東京や兵庫、愛知など遠方からも沢山の方が参加されていました。

そして、12時59分。
「最後の一杯でした!ありがとうございました!」
この日は1,250人分の「さつまのだんご鍋」をたくさんの方に楽しんで頂きました。

たくさんの方と直接お話しができて、皆さんの笑顔を見れて、私たちも本当にうれしかったです。本当にありがとうございました。

また、来年も指宿でお会いしましょう!