黒糖醤油 伝承 甘口さしみ

黒糖醤油 伝承 甘口さしみ

黒糖をふんだんに使った、独特のコクの強い甘みとトロミが特徴の濃口醤油です。肉や魚などのタレとして、そのままご利用いただけます。また、タレのベースとしてアレンジしてお使いいただく場合も、この醤油自体に旨味と甘みがしっかりありますので、あらためて「煮切り」などを足す必要がありません。あれこれと調味料を合せる必要が無いので、材料費と仕込み時間のコストカットが実現できます。

 >>  実際の店舗での活用事例集はこちら  <<

 


 

馬刺しのタレに

外食業界で需要が拡大している「馬刺し」を最高に美味しく食べることができるタレとして、高い評価を頂いております。

 

薬味との相性抜群

一般的な醤油と比べて塩分が低く、甘みがしっかりあるので、タレとしてそのまま使えます。また、にんにく生姜などの薬味との相性も良く、“赤身” から “たてがみ” など脂の多い部位まで余すことなく美味しくお召し上がり頂けます。

 

南国鹿児島で、郷土料理である「鶏刺し」のタレとして古くから親しまれてきた、肉のタレに最適な醤油です豚肉・牛肉・鶏肉・馬肉と種類を問わず幅広くご活用頂けます。


焼肉・居酒屋業態では、焼物から馬刺しのタレまで、これ一本あれば全てまかなえるとご好評頂いております。

  >>  実際の店舗での活用事例集はこちら  <<

 

焼肉のタレに

焦がさない程度に火を入れことでより香ばしくなり、とろみも増します。ニンニクや果汁とのなじみが良く、オリジナルの焼肉のタレ造りにおすすめの一本です。

 

醤油餅に

こんがり焼いた焼餅に、醤油を黒糖醤油をぬって、また焼いて。醤油の焦げた香ばしい香りがたまりません。口に入れた瞬間、黒糖のコクのある甘みと旨みが口の中いっぱいに広がって、最後の一口まで美味しくお召し上がりいただけます。

 

さらに芳ばしく

お好みで、軽く油を引いたフライパンで焼くと、より一層香ばしく仕上がります。餅の中まで火を通し表面に軽く焦げ目をつけたら「醤油をつけて焼く」を2回繰り返して出来上がりです。醤油を焦がしすぎると苦みが出ますので、焦げる直前に火から上げてください。

 

ホタテのバター醤油焼きに
海鮮にもおすすめです。中でも「ホタテのバター醤油焼き」は絶品です。黒糖醤油のコクのある甘みがバターよくなじみ、お料理全体が風味良く仕上がります。
付け合せは、アスパラ、コーン、ズッキーニ がおすすめです。

 

豚丼のタレに

豚肉を炒めて、焼き上がる直前に「黒糖醤油」をからめて焼き上げるだけ。他の味付けは一切必要ありません。費用対効果が高く、ワンコインランチメニューにも最適です。

 

刺身に

南国鹿児島の特産である「ブリ」「カンパチ」などの脂ののった青魚には、この黒糖醤油が特によく合います。その他にも「イカ刺し」「サーモン」もおすすめです。
また、マグロの赤身などは「漬け」がおすすめです。塩加減と甘みが程よく、みりんを合せなくても、美味しくお召し上がり頂けます。

 

鹿児島の郷土料理「鶏刺し」のタレに

鹿児島と言えば新鮮な「地鶏の刺身」。
この「地鶏の刺身」にピッタリなのが、このとびきり甘い黒糖醤油。すりおろしたニンニクやショウガがおすすめ。薬味との相性が良く鶏の旨味が一層引き立ちます。

 

 

東京、大阪で開催される食品展示会では、飲食店の方々に実際の料理を試食して、評価頂いております。
食品展示会で試食して頂くメニューの中で、特に人気なのが、豚肉に黒糖醤油をからめて焼いた「焼肉」。ぜひ、ご自身の舌で、味わってお確かめください。 

 >>  実際の店舗での活用事例集はこちら  <<

 

 


 

黒糖醤油甘口さしみのご注文はこちらから