母ゆずり 淡口

和食に限らず、応用範囲の広い天然ダシ入り万能醤油。
母ゆずり淡口

南国鹿児島の一般のご家庭で一番使われている煮物専用醤油です。
「かつお節」と「いりこ」からとった天然だしがタップリ入っていますので、これ1本でしっかり味が決まります。また、色の薄い醤油ですので、素材本来の色を活かしながらお料理全体を彩りよく仕上げることが出来ます。

ご利用店舗での実績としては、ダシをとる必要がないので、味の均一化が図れ業務効率が上がったと好評頂いております。牛乳やクリーム系とも相性がよく、和食に限らずフレンチ、イタリアンなど、幅広いジャンルでご活用頂いております。

 


 

お付合いのある店舗でのメニュー実績

寄せ鍋
寄せ鍋の味付けもこれ一本。「水⑩:母ゆずり淡口①」ベースはこれだけです。
具材のうま味がタップリの残ったスープで作る雑炊は、また格別です。

 

 

キビナゴの南蛮漬け
焼酎の“アテ”にピッタリの、鹿児島料理のお店には欠かせない一品。タレは、「母ゆずり淡口① 酢② みりん① 砂糖1/2」を混ぜ合せるだけで出来ます。

 

 

玉子焼き
卵3個に「母ゆずり淡口」を大さじ1杯。たったこれだけでダシ巻き玉子の完成。ちなみに鹿児島では、砂糖を加えた甘口が人気です。

 

 

きゅうりの浅漬け
「母ゆずり淡口」50mlに「みりん」50mlを合せて、カットしたキュウリを漬けて30回ほど揉み込むだけ。あとは冷蔵庫で一晩寝かせたら完成です。

 

 

うどん
「おにぎり」の塩の代わりに「母ゆずり淡口」を混ぜ込むだけ。ダシの風味がしっかり利いて、いつもの「おにぎり」が、いっそう美味しくなります。

 

 


 

なぜ、「母ゆずり淡口」これ1本で、味付けがしっかり決まるのか?

それは、旨味と香りの二つのダシをブレンドして造っているからです。
一つは、日本でも有数のカツオ漁獲量をほこる鹿児島県枕崎の香り豊かな「かつお本節」。そして、二つ目は、うま味タップリの「こくのある肉厚のいりこ」。この二つの厳選素材を120分かけてじっくり抽出してとった“一番だし”をベースに、醤油とブレンドして造り上げていますので、お料理を作る際にダシをとることなく、味が一発で決まるのです。

まずはお試しにおわんにお湯を入れて、この「母ゆずり淡口」を少し注いでみて下さい。たったこれだけで、ダシの味がほんのりと効いた、本格的なお吸物が楽しめます。

 

 


 

母ゆずり淡口のご注文はこちらから