かねよ

3月18日19日の2日間、ふるまい豚汁を行いました。

3月18日(土)19日(日)の2日間、鹿児島アリーナで開催された「使いたくなる炎展」にふるまい豚汁で参加しました。

今回は県のLPガス協会からお声かけいただき、企画の一つ「おいしい炎!ふるまい千人鍋」で、事前に募集した親子と一緒に豚汁を作って、振るまうという初の試み。

前日の17日(金)から鍋の設置や野菜切などの準備をし、当日も8時前には会社を出発して、準備。横断幕を貼ったり、のぼりを立てたりという準備はもう慣れた物で1時間もかからず、準備完了!
その合間に大鍋に水や野菜を入れて具材を煮ていきます。

 11時、事前に募集した親子がぞくぞくとブースに集まってきました。

大鍋からそれぞれ1家族に1つ小鍋に移して、その中で「やまぶき味噌」を溶いていってもらいました。

低学年の子が多く、お母さんに鍋を押さえてもらったり、手を添えてもらったりしながら一生懸命お味噌を溶いている姿がとてもかわいらしかったです。

DSC06642

それぞれの家族で作ってもらった豚汁が、ぞくぞくと出来上がっていき、ブースの前には気づくとすでにふるまいを待つ長蛇の列ができていました。

そして、11時30分。

「お待たせしました~!豚汁が出来ました!どうぞ食べていってください。」の掛け声で、ふるまいスタート。

ちょっと大きい子は器に丁寧に豚汁を注いでいき、小さい子はお箸を一人一人に手渡していました。
「配るの、すぐに疲れて飽きちゃうかもね」という事前の心配をよそに、みんな最後まで、元気に一人一人に豚汁をふるまっていました。

DSC06654

そして、子供たちが頑張った甲斐もあり、わずか40分で完売!

2日間雨の予報だったので、お天気も心配していましたが、お天気もなんとかもってくれて、けがもなく、2日間とも無事に終了しました。

子供たちに感想を聞いてみると、
「ちょっと疲れたけど楽しかった」
「美味しくできたよ!」と楽しんでもらえたようでした。

皆さん本当にありがとうございました。